固定チームナーシング研究会HPへようこそ!

このホームページは、固定チームナーシング研究会の公式ページです。固定チームナーシング研究会から全国の皆さまに、全国集会や地方会の情報を発信していきます。

明けましておめでとうございます

 今年のテーマは、スタッフの成長と職場定着を目標に「組織における人材育成」としました。全国各地で認定指導者の活躍が聞こえてきます。全国研究集会と地方会の日程をお知らせします。仲間と情報共有し刺激しあう相互作用の機会に、是非ご参加ください。

 また今年も杉野元子先生イラストのカレンダーをダウンロード配布いたします。イラストカレンダーページをご覧下さい。
 全国集会の参加申し込み、演題発表申し込みは令和2年4月1日から開始します。ホームページからフォームメールでお願いします。詳しくは3月頃ご案内します。

固定チームナーシング第4版発行のお知らせ

表紙は、杉野元子先生の多職種協働の地域包括ケアのイメージだそうです。

11月15日書店に並びます

序文より(一部抜粋)

 1999(平成11)年に出版した『固定チームナーシングー責任と継続性のある看護のために 初版』から、このたびの第4版の発行でちょうど20年になる。1994(平成6)年に神戸でスタートした全国研究集会の、2019(令和元)年の資料集を編集していてあらためて実感したのは、多様な領域のさまざまな取り組みが、将来の看護職の活動領域の拡大を示しているように感じられたことだった。いずれも対象者の健康と生活を中心に展開され、多職種と連携・協働した看護の広がりを実践事例として率直に報告してあるのが頼もしい。

 この第4版では、「第4章 固定チームナーシングの取り組み」で紹介する実践事例をすべて更新している。全国各地の規模や機能の異なる病院や施設の実践報告は、地域包括ケアシステム・多職種協働の今だからこそ、自部署の新たな看護のあり方、活動の仕方を考えるのに役立つはずである。

「第5章 固定チームナーシング定着と人材育成のために」では、人材育成に多くのページを割いた。これからの看護・介護チームに役に立つ人材育成のモデル事例も豊富に紹介しているので、是非参考にしていただきたい。

             西元勝子・杉野元子・北神洋子

目次

第1章 社会の求める看護を提供するために

第2章 固定チームナーシング導入準備

第3章 固定チームナーシングの実際

第4章 固定チームナーシングの取り組み

第5章 固定チームナーシング定着と人材育成のために

補章  入退院支援システムの導入と固定チームナーシング       の小集団活動を活用した多職種協働




認定指導者の方へお知らせ(10月6日)

認定指導者名簿の改訂を行います。所属、連絡先など変更がありましたら、事務局(koteti-jimu@koteti.com)までお知らせください。



更新情報

   
 1/1

新年のご挨拶、令和2年の研究集会日程のご案内、杉野先生のイラストカレンダーを掲載しました

以前の更新情報履歴はこちら




誌上インフォメーション

全国集会・地方会の詳細は「看護実践の科学」誌上インフォメーションや関連記事でもご案内しています。

 


1月号関連記事

・第217回 杉野元子の研修会リサーチ

「つくった組織が実を結んでいく」

・固定チームナーシング研究会・地方会

「固定チームナーシング第21回鳥取地方会-チームで育てる個の力~患者・家族を支える看護・介護を目指して~

第21回鳥取地方会レポート

12月号関連記事

・第216回 杉野元子の研修会リサーチ

「他者との交流から学ぶ」

・固定チームナーシング研究会・地方会

「固定チームナーシング 島根地方会2019

第22回島根地方会レポート

10月号関連記事

・第214回 杉野元子の研修会リサーチ

「座長選びの難しさ」

・固定チームナーシング研究会・地方会

「固定チームナーシング研究会第23回長野地方会報告

第23回長野地方会レポート

11月号関連記事

・第215回 杉野元子の研修会リサーチ

「知るための努力」

・固定チームナーシング研究会・地方会

「固定チームナーシング 令和元年第15回東北地方会-地域包括ケア時代を担う看護チームリーダー・リーダー育成

第15回東北地方会レポート



文献紹介

固定チームナーシング

責任と継続性のある看護のために

第4版

著者 西元勝子・北神洋子・杉野元子

医学書院

2019

改訂版

固定チームナーシング

用語集

著者 西元勝子

看護の科学社

2016

新訂

固定チームナーシング入門

一斉導入に取り組んだIMSグループの挑戦

監修 西元勝子

編集 北神洋子

看護の科学社

2013